梅干し選びの参考にしよう!

梅干しに適した梅の種類はいくつかあります。梅の品種を選べば、口当たりの異なる梅干しを楽しめるようになるでしょう。梅干しに適している梅の品種ランキングを参考に、品種を確かめてから梅干しを購入するようにすると良いでしょう。

梅干しにピッタリの品種ランキング

no.1

南高梅

南高梅の梅干しを食べたことがある方も多いでしょう。特に、梅干しにこだわっている方は、高級な南高梅をお取り寄せすることも多いです。この南高梅は、梅の生産量日本一である和歌山県で作られている品種になり、梅干しに適した品種として1位に選ばれています。

no.2

白加賀梅

遥か昔の江戸時代頃から作られている白加賀梅は、現在は関東地方で作られています。梅干しになるのに適したモノになっているとともに梅酒にするのも良い品種の梅です。

no.3

竜峡小梅・甲州小梅

竜峡小梅と甲州小梅が3位に選ばれたのは、一般的に知られているふわっとした味わいの梅干しではなく、カリカリ触感のある梅干しに適した品種になっているからです。このカリカリした梅干しが好みの方は、竜峡小梅か甲州小梅を食べてみると良いでしょう。

果肉がやわらかい

梅干し

南高梅は梅の品種のひとつで、果肉のやわらかさとフルーティーな味わいが特徴となっています。甘みと酸味のバランスが良く、梅干し以外にもケーキやゼリーなどスイーツに使用されることも多い品種です。種が小さく、果肉が肉厚であることも特徴で、他の梅干しに比べ食べ応えがあります。南高梅の梅干しは紀州産のものが有名で、温暖な自然環境のもとで育てられた梅は大粒なのが特徴で、最高級品としてお歳暮やお中元などの贈答用に用いられることが多いです。梅干しは完熟して自然に落下したものを収穫して塩に漬けこまれます。贈答用の南高梅の梅干しは乾燥させた後に選別を行い、最高級のものだけがひとつひとつ袋詰めされていきます。青梅は梅酒や梅ジュースの加工に使用され、南高梅は肉厚なので香り豊かなものに仕上がるのが特徴となっています。通販では南高梅の青梅を購入できるショップもあるので、自宅で最高級の梅を使用した梅酒作りや梅シロップ作りをすることができます。

酸味や味付けから選ぶ

梅干し

通販では南高梅専門店もあり、さまざまな種類の梅干しを購入することができます。はちみつ梅やかつお梅、しそ梅干しなど、甘さや酸っぱさなど風味に違いがあり、好みの味付けから選ぶことができます。昔ながらの酸っぱい梅干しが好きな方は白干し梅を選ぶと良いでしょう。塩しか使用していないので塩分量も20%と高めですが保存性が高く、甘みや添加物が気になる方にぴったりです。塩分が気になる方は塩分を3~5%に抑えた減塩梅干しが良いでしょう。はちみつが入っているものが多く、お子さんや酸っぱい梅干しが苦手な方でも食べやすくなっています。南高梅は皮が薄く、果肉がやわらかいので、つぶれやすいという特徴があります。つぶれているだけで味に変わりがない南高梅の梅干しはつぶれ梅として販売されており人気があります。正規品より安価な値段で購入できるので、自宅用として購入するときは訳有り品から探すと良いでしょう。